漬物の歴史とは

私たちの食卓に度々出てくる漬物ですが、実は深い歴史があります。こちらでは、漬物の歴史について触れてみたいと思います。

漬物の始まり

日本は海に囲まれていることもあり、古くから塩水を使って食品を塩漬けする工夫がなされていました。当初は野菜だけではなく、木の実や動物の肉、魚なども保存されていたようです。始まった時期は定かではありませんが、土器を使用していた縄文時代には、海水に浸した海藻から塩を作っていたようで、この頃から塩漬けをする習慣はあったと考えられています。

漬物が記録に登場した時期

日本の記録に漬物が現れるのは、8世紀頃のものとされる木札に、うりやナスなどの野菜の塩漬けのことが墨文字で記載されているのが最初だといわれています。奈良時代に入り中国大陸から様々な文化が伝えられるようになると、漬物にも変化が現れるようになりました。平安時代では、米麹の甘漬けや、たくあんの原形とされるススホリといった大豆や米で漬けたものが貴族たちの間で食べられるようになりました。その際使われる食材は、ナスやセリ、ワラビ、トウガン、ほおずきの茎など、様々な食材が使われていました。

室町時代から江戸時代

時代が進むにつれ漬物はどんどん発展してきましたが、室町時代に入ると、発酵することによって漬物の香りがよくなってきたことから、「香の物」と呼ばれるようになりました。食事の副食や茶うけに好まれるようになるばかりか、戦国時代には食中毒や病気予防に、戦場での傷の消毒に梅干が使用されるようになりました。そして江戸時代になると、香の物屋と呼ばれる漬物屋も登場してきて、一般庶民の間でも食べられるようになりました。

現在では漬物の製造技術も発展してきて、日本の各地には様々な漬物が登場しています。全国から集められた漬物の中から日本一を決定するというイベントも開催されている程です。薩摩つけもの工房では、寒干し大根を使用したたくあんや、鹿児島の伝統的なつぼ漬など、鹿児島独自の漬物が気軽にご家庭でお楽しみいただけますので、ぜひ一度味わっていただきたいと思います。また、切干大根などの乾物類も取り扱っております。こちらもご一緒にいかがでしょうか。