にんにくはなぜ臭うのか

お肉料理や魚料理によく利用されるにんにく。おいしい料理に仕上げるための香りづけやスパイスとして、多くの料理に使用されています。特にイタリア料理では欠かせない食材でもあります。しかし、にんにく料理を食べた後の臭いは気になるものです。なぜ、あれほどまでにんにくの臭いは強いのか疑問に思ったことありませんか。こちらでは、にんにくの臭いについてご紹介します。

臭いの元となる成分について

にんにくの臭いは、アリシンという物質が主な原因となっています。にんにくを刻んだり、調理することによって、アリインという成分が発生します。そのアリインが酵素であるアリナーゼに分解されると、アリシンが発生し、あの独特な臭いを放つのです。にんにくを細かくする程アリシンはたくさん発生しますので、細かく砕いたにんにくを入れた料理は、にんにくの臭いが強くなります。

にんにくの臭いが体に与える影響

一度にんにくを使った料理を食べると、自分の口臭が強くなるのがわかります。実は、アリシンは酸素に触れると酸化して臭いを発生させてしまいます。それが口の中に残ってしまい、強い口臭を引き起こしてしまいます。また、血液中にアリシンの成分が取り込まれると、肺を通して息から臭いが排出され、強い口臭になります。さらに、汗と一緒に排出されることで体臭にもなります。体外へ排出されるまで、体のあちこちがにんにくの臭いの影響を受けてしまいますので、食事の後や翌日のことを考えながら食べる必要があります。

黒にんにくが臭わない理由

しかし、同じにんにくでも、黒にんにくは白にんにくより臭わないという大きな特徴があります。その理由は、にんにくの臭いの原因になっているアリシンが、熟成することによってS-アリルシステインに変化するためです。これなら、にんにくの臭いを気にする必要もありません。黒にんにくは、炊飯器を使えば作ることも可能ですが、作る際の臭いがきついので近所迷惑になることがあります。また、炊飯器もにんにくの臭いでいっぱいになってしまうので、ご自分で作るより購入された方が良いでしょう。

薩摩つけもの工房では、寒干大根のたくあんや鹿児島県産の高菜漬けなど、定番のお土産でもある漬物を通販でお取り寄せできます。黒にんにくもお取り寄せが可能になっています。にんにくが好きなのに、臭いを気にして敬遠されていた方は、臭いが気にならない黒にんにくをぜひ味わってみてください。