黒酢らっきょうを使ったアレンジレシピ

そのままでも十分おいしいらっきょうですが、味の変化を楽しみたいときにはアレンジ料理もおすすめです。こちらでは、簡単に作れる「黒酢らっきょうと豚肉の炒め物」と「鮭のムニエルと黒酢らっきょうのタルタルソース」のレシピをご紹介します。

黒酢らっきょうと豚肉の炒め物

  1. 【材料】
    薄切りの豚肉、黒酢らっきょう、青じそ、ごま油
  2. 【調味液の材料】
    酒、しょうゆ、塩、片栗粉
【作り方】
  1. 黒酢らっきょうを厚めにスライスします。
  2. B.の調味液で豚肉に下味をつけ、ごま油で炒めます。
  3. 豚肉の色が変わったら、スライスした黒酢らっきょうを加え、さっと炒めて火を止めます。
  4. 最後に風味付けとして、青じそを加えたら完成です。

鮭のムニエルと黒酢らっきょうのタルタルソース

  1. 【材料】
    鮭の切り身、薄力粉、塩、胡椒、サラダ油、(お好みの)付け合せの野菜
  2. 【タレの材料】
    醤油、黒酢、砂糖、酒、みりん、片栗粉
  3. 【タルタルソース材料】
    黒酢らっきょう、ゆで卵、マヨネーズ、玉ねぎ、パセリ、ピクルス、粒マスタード
【作り方】
  1. 鮭の切り身に塩をふり、しばらく置いておく。
  2. タルタルソースを作ります。C.の材料をボウルにいれて潰しながら混ぜ合わせます。
  3. 熱したフライパンにサラダ油を入れ、薄力粉をまぶした鮭を両面キツネ色になるまで焼きます。
  4. 鮭に火が通ったらB.のタレをよくかき混ぜてからフライパンに入れ、とろみがつくまで煮詰めます。
  5. お皿に付け合せの野菜と鮭をのせてタレをかけ、タルタルソースを盛りつけたら完成です。

らっきょうの食物繊維は水溶性です。食物繊維が溶け出した酢漬けの水も捨てずに、お料理に活用しましょう。また、鰹節で和えるだけでも、一味違った味わいをお楽しみいただけます。

らっきょう生産量日本一を誇るのが、鹿児島県や宮崎県などの九州エリアです。薩摩つけもの工房では、黒酢や甘酢、梅酢などバラエティ豊かな味わいの鹿児島産らっきょうの通販を行っております。歯ざわり抜群のおいしい国産らっきょうを、毎日のメニューに取り入れてみてはいかがでしょうか。