黒にんにくについて

普通のにんにくと黒にんにくの違い

種類の違いと思われるかもしれませんが、実は「黒にんにく」という品種は存在しません。

普通の生にんにくを熟成発酵させたものが黒にんにくです。一定に保たれた温度と湿度の中で、生にんにくを自然発酵させると除々に黒く変化していきます。色が変化するのは添加物を使用したのではなく、にんにくが持っているアミノ酸や糖の化学変化によるものです。

また、黒にんにくにすることで糖度が増し、生にんにく特有の強い刺激がマイルドになります。生にんにくが苦手な方や胃腸の弱い方でも、黒にんにくなら安心してお召し上がりいただけます。

黒にんにくの味と匂い

ゼリーやグミのような食感で、味はドライフルーツの甘酸っぱさがあります。実際に食べたことのある人の中には、プルーンに似ていると表現される方もいらっしゃいます。

にんにくを発酵・熟成させることで匂い成分が減少するため、完成後は微かに香る程度になります。それでも匂いが気になるようであれば、食前に召し上がると良いでしょう。

もちろん、味の感じ方には個人差がありますので、実際にご自分の舌で味わってみることをおすすめします。生のにんにくとはまた一味違ったおいしさに、きっと驚かれるはずです。

黒にんにくの栄養素

にんにくには栄養がたっぷり詰まっていることは、ご存知の方も多いでしょう。しかし、黒にんにくにすることで栄養価はさらにアップします。黒にんにく特有の「S-アリルシステイン」は、生活習慣病の予防に役立つとして注目されています。また、生きていく上で欠かせない栄養素の一つである「遊離アミノ酸」、活性酸素をブロックする「ポリフェノール」の含有量も豊富です。

おいしい黒にんにくのお取り寄せでしたら、薩摩つけもの工房の通販をご利用ください。薩摩つけもの工房では、鹿児島の素材を使った無添加ゼロの漬物や栄養満点の千切り大根など皆様の健康をサポートする安心の食品を取り扱っております。鹿児島のお土産やギフトなどにも、薩摩つけもの工房の商品をご活用ください。